マクロビ ルール

マクロビの原則

さて、中々ユニークなマクロビの食事療法ですが、ガン治療やアトピー症状・アトピー体質の改善効果では高く評価されていることは事実です。

実行にあたっては、かなり長期にわたる療法ですし、その内容についても、いきなり完璧に実践するのは難しいので、原則的なルールを紹介しますので、できる範囲で取り組んでみて下さい。

まずマクロビの基本的な食事のガイドラインとして、全体の食事の内50%から60%は全粒穀物が占めるようにします。
玄米などの未精製の全粒穀物がメイン食材となりますが、最近は全粒粉のパスタなど、洋風アレンジがしやすいマクロビ食材も増えているので、自分なりに探してみると良いでしょう。

一般的には、マクロビ=ベジタリアンと誤解されているようですが、実はマクロビにおける野菜が占める割合は25%から30%と、オール野菜主義ではありません。
その他10%から15%は豆や海藻などが推奨されています。

実は、マクロビルールでは基本的に食べることを禁じている食事はありませんが、お肉類や乳製品、卵や精製された白砂糖、化学調味料の類はマイナスに捉えられており、なるべく食しません。
ただし卵は病気回復に使用する場合もあるようです。
また、極端な厳格性を追求しない場合には、白身の魚や、人の手で捕れる程度の小魚は、少量は食べてよいとする場合もあるようなので、独自のアレンジも可能です。

調理には、鰹節や煮干しなど魚の出汁やうま味調味料は使用せず、主に昆布や椎茸で出汁を取ります。
甘味についても、砂糖に代わる自然の甘味料、きび砂糖や黒砂糖、甜菜などをしようし、塩はにがりを含んだ自然塩を用います。
ミネラル豊富で甘みも濃い天然の甘味料に慣れると、むしろ白砂糖の人工的な味が苦手になる場合も多いといいますから、それだけ現代人の体が、人工的な味に慣らされてしまっている、ということかもしれません。

代表的なメニューとして、玄米ご飯にひじきのオカズなどが挙げられますが、言うなれば基本中の基本の献立ということになるでしょう。

いずれにしても、アトピー対策として実行する場合にどの程度ルールに則るかは、個人の病状や体調、取り組みに対するスタンスによって判断すればよく、決して無理をしない、ということが大切です。



トップページでは、薬に頼らないアトピー改善法をご紹介しています。

【運営者】アトピーの治療を考える会  【連絡先】mplan1105☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)

 

サイトマップ