マクロビ リスク

マクロビのリスク

アトピー体質も含め、継続することで体質を劇的に改善することができる、と定評のあるマクロビは、単なるダイエットと言うよりは健康法、長寿法の1つと考えられています。
実際マクロビは、体を内側からきれいにする効果がある、ということで知られていますが、その一方で諸々の問題点も指摘されています。
ここでは、アトピー対策目的でマクロビを実行しようとする際に参考になるよう、この療法が抱えるリスクについてお伝えしたいと思います。

一番のリスクとして、栄養不足状態になってしまう可能性がある、ということが問題視されています。
飽食による美容・健康被害について、確かにマクロビの食事療法で改善できる可能性が高いですが、特にアトピーを発症しやすい低年齢時のマクロビ療法は、時に成長に必要な栄養を十分に摂取できない可能性があります。
もちろん大人であってもやり過ぎは危険、ということなんですが、それ以外にも子供の場合は大人のように体質改善の意味を理解するのが難しく、食べたいものを無理やり制限される、というストレスの影響も無視できません。

さらに子供の場合、家ではストイックな食生活を我慢していても、親の目の届かないともろでつまみ食いしてしまうケースも度々報告されています。
そういった意味で、幼少期のマクロビ療法は問題が多く、取り組みが難しいかもしれません。

また、成人のマクロビ療法でも、正しいルールをしっかり理解していないと、逆に身体に負担を与えることになってしまう恐れがあります。
マクロビで推奨されている玄米や野菜、海藻などは、農薬などに汚染されていない天然由来の食材を食すのも大切なルールの1つです。

なので、マクロビ用の食材を手に入れること自体、今の社会では金銭的にも負担がかかります。
また、いくら完ぺきな食材を手に入れても、調理法に注意が必要ですし、正しい食べ方で食さなければ、胃腸に負担をかけてしまう可能性がある、ということを理解してください。



トップページでは、薬に頼らないアトピー改善法をご紹介しています。

【運営者】アトピーの治療を考える会  【連絡先】mplan1105☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)

 

サイトマップ