マクロビ 原則

2大原則とは

アトピー体質改善に効果的といわれるマクロビの2大原則についてお伝えします。

マクロビオティックは、自分自身が暮らしている土地の旬のものを食す、という「身土不二」、自然の恵みを丸ごと食して残さない、という「一物全体」2つの原則に基づく食事療法です。

マクロビでは人間も食物も同じ環境から生まれた一体のもの、と考えていて、確かに熱い気候のエリアでは、体温を下げるのに効果的な野菜や果物が生い茂っていますし、反対に寒いエリアでは体を温める野菜が豊富に育つ傾向があります。
日本には四季がありますから、四季折々、それぞれの季節に食べるのにふさわしい旬の野菜や果物を手に入れることができます。
最近はスーパーに行けば、旬を無視した野菜を手に入れることができますが、旬を目印に食べ物を食すことで、身体のバランスを崩すことなく体内を健康に導くことができる、という教えなんです。

厳密にいえば、マクロビ食事法では地産地消が理想で、できるだけ輸入品は避けるべきだとされています。
さらにマクロビでは、1つの食べ物を丸ごと食べることが推奨されています。
ですからそのルールに則れば、米は精白されていない玄米を食べることで食材を丸ごと食すことになりますし、野菜も葉や皮ごと食すことで、栄養を摂取します。

葉や皮の調理法はあまり知られてないかもしれませんが、一般家庭でも皮ごと調理してみると、意外と美味しいことに驚くはずです。
元来、野菜や果物は皮と身の間に栄養が詰まっているといわれ、そのことからもマクロビで、実だけ食べているとバランスが取れず栄養価的にも不十分だ、という考えは正しいと判断できるはずです。
魚についても、マクロビで小魚が高く評価されているのは、骨も含め丸ごと食べることができるからです。



トップページでは、薬に頼らないアトピー改善法をご紹介しています。

【運営者】アトピーの治療を考える会  【連絡先】mplan1105☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)

 

サイトマップ