断食 自宅

自宅でできるアトピー断食療法

アトピーと食事の関係を見直す意味でも、腸内環境を改善してアトピー症状の軽減をするためにも、自宅でできる断食療法に取り組んでみてはいかがでしょうか。

自宅で断食療法を行うなら、まずは朝断食がオススメです。
私たちは昔から「朝ごはんをしっかり食べる」と教育されてきましたが、最近では、朝ごはんの必要性が疑われている、という説もあるとか。
もちろん体を動かす仕事や運動前には朝ごはんをきちんと食べて、栄養補給することが大切ですが、人の身体のサイクルから言うと、午前中はデトックスタイムに当たり、できれば胃を休ませたい時間帯なんだそうです。

正午までの時間は、体の排出排泄のための時間帯と捉え、朝ごはんを抜く朝断食にトライしてみましょう。
先程も述べましたが、特に日本人は朝ごはんを重視する傾向があり、実は何となく食べている朝ごはんのせいで、午前の仕事中に眠くなったり、身体がだるくなったりする人が少なくないようです。

特にアトピー患者の場合は、栄養過多が症状を悪化させる可能性がありますので、朝断食だけでも違いが現れるケースも少なくないそうです。
ですから、もし朝ごはんを食べる場合でも、腹八分目を意識して、できれば青汁や野菜ジュースなど消化に良いものだけを摂取して、できるだけ胃に負担のかからないようにしましょう。

さらにオススメの断食療法として、週末だけ行う週末断食があります。
この断食も、自宅で実践できるアトピー対策として、評判が良い方法です。
具体的には、金曜日の夕食はお粥など軽いもので済ませ、土曜日は重湯やすまし汁で1日過ごします。
日曜日は復食期間として、再びお粥などに戻し、計3日間の断食で腸内環境を改善するというものです。

事実、たったこれだけでも随分アトピー症状が軽くなった、という人も多く、特に平日はどうしても外食しがち…という人にはぜひ実践してほしい方法です。

⇒断食の専門家が開発した完全無添加の酵素ドリンクをご紹介します。



トップページでは、薬に頼らないアトピー改善法をご紹介しています。

【運営者】アトピーの治療を考える会  【連絡先】mplan1105☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)

 

サイトマップ