抗痒(こうよう)剤 抗炎症薬

抗痒(こうよう)・抗炎症薬

食事療法をはじめとするアレルギー(アトピー)の自然療法は、ある程度症状が落ち着くなど成果が出るまでは、医療機関で処方される薬剤を上手に活用しなければならない場面もあります。

多くのアトピー患者さんは、薬は使用せず自然療法だけで治癒させたい、と切望していますが、基本的に食事療法は長期間根気良く継続する必要があります。
その際、症状によっては、一時的にステロイドをなどの薬剤を使用して対処することが必要になるケースもある、ということです。

ただその際に、医師が処方する薬剤をそのまま使うのではなく、薬に対する知識を増やしたり、「どんな薬剤を出す医師なのか」を自分の判断材料として見極められるよう、あなた自身でアトピーの正しい知識・情報を収集しておくことが大切になります。

例えば痒い、という、アトピー性皮膚炎で最も辛い症状の1つを訴えた時に、抗痒・抗炎症薬を出される可能性があります。
抗痒・抗炎症薬は軽度のアトピー性皮膚炎を含め、一般的に皮膚の痒み症状に対して処方される薬で、劇的な改善効果は期待できないものの、ステロイドのような深刻な副作用を伴わずに痒み症状を抑えることができる薬です。

痒みをストップさせる効果だけみれば、ステロイド剤が効果抜群ですが、ステロイドは急に使用を止めると、交感神経緊張を発生したりリバウンドする恐れがあります。
が、抗痒・抗炎症薬はステロイドとは機序が違うので、そういった副作用の心配はありません。

ただし抗痒・抗炎症薬には、クロタミトン軟膏やアズレン軟膏、亜鉛華、タール剤など複数種類あり、各薬剤によって具体的な効果が異なりますから、使用に際しては事前に医師に相談して、副作用も含め症状にどう効いていくのか、をきちんと確かめる必要があります。



トップページでは、薬に頼らないアトピー改善法をご紹介しています。

【運営者】アトピーの治療を考える会  【連絡先】mplan1105☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)

 

サイトマップ