免疫抑制剤

免疫抑制剤治療

アトピー治療では、できれば食事療法や生活習慣を改善することで治癒したい、と考える患者さんが沢山いますが、実際には医学的処置が必要なケースが多くあります。

それを考えると、アトピーは自然療法と病院での治療を並行して行うことで、徐々に体質改善して行くことを目指すのが現実的といえるでしょう。

アトピーを含めアレルギー体質の人の体内では、人体に悪影響を及ぼすものを排除する力が、必要以上に働いていてしまった結果、自分の体に炎症などの異常を引き起こしてしまう、というサイクルができあがっています。
免疫抑制薬とは、その過敏な免疫パワーを抑えこむ作用がある薬です。

免疫抑制剤には、ステロイドのように糖代謝を促進させる作用がなく、通常の皮膚から吸収されることはない、と言う特徴を持っています。
なので、例えば顔にアトピー性皮膚炎が発症している場合、皮膚の萎縮を引き起こす可能性があるステロイドではなく、免疫抑制剤が処方されることが多いのです。

もちろん免疫抑制剤もステロイド同様人工的な薬剤ですから、食事療法などのように自然治癒力を高める、というアプローチとは相反する処置ですが、少なくとも塗布剤としてはステロイドのようなリスクを伴うことが少ないといえるでしょう。
ただし副作用が抑えられている分効き目もそれなりなので、市販薬よりは効く、と言うレベルだと把握しておくべきです。

ステロイドに代わるアトピー治療薬、と医学会で注目を集めている免疫抑制薬ですが、現時点で一般的な治療で積極的に使われているのは外用薬で、内服薬については、多毛や感染症を引き起こしやすくなる、腎障害、癌発生率上昇など懸念されている副作用も多く、まだ研究段階です。



トップページでは、薬に頼らないアトピー改善法をご紹介しています。

【運営者】アトピーの治療を考える会  【連絡先】mplan1105☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)

 

サイトマップ