非ステロイド抗炎症薬

非ステロイド抗炎症薬

最近では体の持つ自然治癒力に着目した、アレルギー(アトピー)対策を行う人が多く、中には病院を毛嫌いしている患者さんも少なくありません。
確かにアトピーで医療機関を受診すると、悪名高き(?)ステロイド治療をメインに行う確率が高く、受診したら即ステロイドが処方される…と不安になる気持ちも分かります。

ですが、根本的な話としてアトピー性皮膚炎か・否かを素人判断で行うことは危険ですし、やはりまずは医師による診断を受けてください。
実際、医療機関によってはステロイド以外の治療薬を希望することも可能な場合がありますし、何よりも治療法については、診断が下された後に考えるべきでしょう。

アトピー治療薬の中にも、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)というものがあります。
非ステロイド抗炎症薬は、その名の通りステロイドではない抗炎症薬、と言う意味ですが、アトピーに関して言えば、この種の薬が処方される機会はあまりないかもしれません。
その理由は、ステロイドほど抗炎症効果は期待できない上、自然免疫力の低下や光線過敏症、接触性皮膚炎、皮膚炎の慢性化などの見逃せない副作用を伴う可能性があるからです。

非ステロイド抗炎症薬には、内服薬、外用薬の2種類がありますが、副作用に関してはいずれのタイプにも当てはまります。

アトピー治療で、「ステロイドは嫌だ」と主張する患者さんに稀に非ステロイド抗炎症薬が処方され、患者さんの方でも「ステロイドじゃないから安心」と何の疑いもなくこの薬を使用してしまうケースがありますが、現代医学では非ステロイド抗炎症薬はリスクが高い割に症状改善効果が乏しい薬と捉えられています。
つまり、非ステロイド抗炎症薬を処方された場合には、ステロイドじゃないからOKではなく、何の為にこの薬を処方するのか、医師にしっかりと確認し、説明を受けてください。

ステロイド一辺倒の医師がいる一方、あまり患者さんのことを真剣に考えずに非ステロイド抗炎症薬を処方をする医師がいるとしたら、同程度の感覚で受け止めるべきかもしれません。
※医師による診察・処方を否定するものではありません。



トップページでは、薬に頼らないアトピー改善法をご紹介しています。

【運営者】アトピーの治療を考える会  【連絡先】mplan1105☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)

 

サイトマップ