抗ヒスタミン剤

抗ヒスタミン剤

アトピーを食事療法などの自然療法で治癒させる為には、長い期間、地道に頑張るしかない、というのが現実です。
当然その間は、辛い痒みや痛みなどの症状が継続しますので、その症状に耐えかねて自然療法に挫折して、薬剤治療に戻ってしまう人も少なくありません。
実際、中度から重度のアトピー症状を、自然療法だけで完治させるのは非常に難しく、やはり症状に応じて、精神的なストレスを緩和するためにも、薬剤治療を頼ることも大切です。

アトピーを含むアレルギー系の疾患では、抗ヒスタミン剤が処方されることが多いです。
実際には、抗ヒスタミン剤で100%痒みが治まるかというと、多くの場合そうではなく、使用した方は分かると思いますが、ある程度緩和する、という程度なのではないでしょうか。

抗ヒスタミン剤にもステロイド剤と同様に、一番弱度の第二世代(1類)から、中間の第二世代(2類)、最もレベルが高い第一世代と3段階にランク分けされています。
当然、それぞれのランクによって症状改善効果も異なりますし、どんな副作用を伴うのかリスク事情も違ってきます。

例えば、抗ヒスタミン剤の中では一番副作用が心配ないとされるタリオン(ベシル酸ベポタスチン)やアレジオン(エピナスチン)などの第二世代(1類)は、適用できる患者さんの範囲も広くリスクもそう高くないと言われています。
花粉症の症状改善などでも処方されることが多いので、服用したことがある人も多いのでは。

同じ第二世代でもザジテン(フマル酸ケトチフェン)やアゼプチン(アゼラスチン)などの2類になると、やや副作用がきつくなり、眠気に襲われる、などの症状を受けやすいようです。
またてんかん症状や痙攣などの既往症がある場合、副作用により症状が悪化する可能性がありますから、処方は慎重に行われます。

そして最もランクが高いポララミン(マレイン酸クロルフェニラミン)などの第一世代になると、緑内障の方は使用できませんし、緑内障以外の方も強烈な眠気や便秘、口の乾きなどの副作用を伴います。

いずれの薬も、処方を受ける際には、自分の体調や生活習慣について医師とよく相談して、使用を判断することが大切です。



トップページでは、薬に頼らないアトピー改善法をご紹介しています。

【運営者】アトピーの治療を考える会  【連絡先】mplan1105☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)

 

サイトマップ