漢方薬

漢方薬治療

アレルギー(アトピー)を食事療法などの自然療法で改善しよう、と考えているなら、同じ方向性のアプローチを目指す漢方薬治療も検討する価値があるのではないでしょうか。

漢方薬治療は食事療法同様、即効性は期待できないものの、アトピー体質を引き起こす体内の根本的な原因から変えて行こうとする治療法ですから、アトピー以外の不調も含め心身を整えることができます。

ただし、漢方薬治療でアトピーを治す場合、長期スパンで取り組まなければならない上、基本的にオーダーメイドの処方になりますから費用も安くはありません。
「越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)」や「消風散(しょうふうさん)」、「温清飲(うんせいいん)」、「竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)」などが一般的にアトピー性皮膚炎用の漢方として処方されるものですが、同じアトピーでも体質や今現れているアトピー症状によって適しているものは全く異なります。

ドラッグストアやオンラインストアでも漢方薬は市販されていますが、やはり最初に専門医に診てもらわないと、結局間違った道のりを、長時間かけて無駄にしてしまう結果に終わる可能性が大きいです。

漢方薬でアトピーの体質改善を行う場合、当然そちら側からも食生活を制限されます。
専門医の指示のもと、正しい漢方薬を服用して、同時に普段の食生活や生活習慣の問題を取り除くことで、処方された漢方薬の効果を最大限に引出すことが大切です。

さらに漢方薬治療では、治療を行う途中、一時的に症状が悪化するケースも珍しくありません。
これは、漢方薬によって、体内に蓄積された毒素が放出されるために起こると言われており、この毒素を取り除くことで体調を回復させる、というのが漢方治療の基本なので、その過程における一時的な悪化はやむを得ない、ということなんです。
それを考えると、漢方薬治療は一般の自然療法よりも覚悟が要る治療法と言うことができるかもしれません。

なので、何となく身体に良さそう…と安易な気持ちで始めるのではなく、漢方療法のメリット、デメリットをしっかりと理解した上で取り組んでください。



トップページでは、薬に頼らないアトピー改善法をご紹介しています。

【運営者】アトピーの治療を考える会  【連絡先】mplan1105☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)

 

サイトマップ