体温 調節

体温調節は涼しめに

乳児の場合、オムツ部分は常に保温状態で温かいことはやむを得ませんが、その他の部位に関しては、風邪をひかない範囲で常に涼しい状態に保つのが、痒みを発生しずらくするために有効です。
例えば、夏は腹巻だけ、少し涼しい季節でも半袖を続ける、冬は長袖とするが薄着とする、などとしてください。
布団も薄めのものを使用して、常に涼し目にしてあげましょう。

もちろん風邪をひいて発熱、悪寒があるときには、適度に温かく保つことは必要ですが、寒気がなくなれば涼し目にします。

ただし、気温対策として、寒いほど強くエアコンを効かせることは好ましくありません。
子供の体温調節機能は、まだ十分に発達しておらず、四季折々の陽気の変化に上手く順応する能力を養うことも大切です。
よほど強い痒みが襲うとき以外は、部屋の温度はあまり低くせず、暑さに耐える訓練をさせるようにしましょう。
また寒い季節も、暖房はあまり強くせず、皮膚を過保護にしないことが大切です。

大人、特に女性は冷え症の人が多いこともあり、お母さんの布団は厚めで温かくする傾向がありますが、この温かい布団で乳児や幼児を寝かせると、温度が高すぎることになるため注意が必要です。
大人の温度感覚と子供の感覚とは違うので、親は自分の感覚で子供の体温調節をしないようにしてください。

⇒今治産・肌にやさしいオーガニックコットンタオルをご紹介します。ベビーウェアもご一緒にどうぞ。




トップページでは、薬に頼らないアトピー改善法をご紹介しています。

【運営者】アトピーの治療を考える会  【連絡先】mplan1105☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)

 

サイトマップ