乳児アトピーの特徴

乳児アトピーの特徴

最近は、乳児のアトピー性皮膚炎も珍しくなくなりましたが、実は乳児期早期には、アセモや脂漏性湿疹などがよく見られるため、その区別が難しい時期でもあります。
例えば生後1〜2ヶ月くらいの赤ちゃんは、皮脂の分泌が多く、赤ちゃんニキビといわれるような赤いブツブツがよくみられことがありますが、これはアトピーではありません。
また、生後2〜3ヶ月頃になると赤ちゃんの皮膚は乾燥して、ガサガサしてくる場合が多いのですが、乾燥肌が全てアトピーというわけでもありません

それでは乳児アトピー性皮膚炎の特徴や診断基準は、というと、簡単にいえば、「良くなったり悪くなったりして、慢性的に続くかゆみの強い湿疹で、アレルギーが関係する場合が多い。」と多くの専門書には書かれていて、解ったような解らないような???という感じですよね。
お医者さんに診てもらっても、アトピー性皮膚炎は目で見て診断する病気なので、ドクターによって、乾燥肌と診断されたり、アトピーと診断されたり、見解が異なることも多く、それがまた混乱する原因の1つにもなっているようです。

一般に、赤ちゃんのアトピーは、乳児期早期から湿疹がみられますが、湿疹は、頭部、顔面から始まり、次第に下降してきます。
湿疹のピークは離乳食開始期に相当する5〜6ヶ月の間にみられることが多く、その時期を過ぎると、少し改善傾向がみられ、顔面の湿疹は1才頃に殆ど消退してしまいます。

アレルゲンの検査では、卵白に対する抗体(特異的IgE抗体)は、4ヶ月で既に陽性になっている場合が多く60%を越えています。
一般に、湿疹のピークと特異的IgE抗体のピークは一致することが多く、症状の経過をみる上で5〜6ヶ月頃のアレルギー検査は参考になります。

以上のことから最近は、次の@〜Cが、乳児アトピー性皮膚炎の特徴としてあげられています。

@ 湿疹は頭・顔だけにかぎらず、体や手足に及ぶことが多い。

A 皮膚症状は、ジュクジュクするだけでなく、全身の乾燥肌、苔セン化(皮膚がガサガサして厚くなっている状態)、耳切れなどがよくみられる。
(ただし耳切れは赤ちゃんによくみられる症状で、耳切れがあるからアトピーというわけではありません。)


B 卵白などの食物抗原に対する特異的IgE抗体が陽性に出現しやすく、家族にもアトピー素因がみられる場合が多い。

C 湿疹は消長を繰り返しますが、多くは1才半〜2才頃に軽快し、その後治癒することが多い。

なぜ赤ちゃんにこのような湿疹が出るのか、今のところ明確な原因は分かっていませんが、乳児期の乾燥肌、免疫バランスの不均衡、衣・食・住環境の変化、遺伝的要因、等々いくつもの原因が複雑に絡んでいるものと考えられています。
アトピーを心配して受診される赤ちゃんの月令は、1〜2ヶ月くらいが多いようですが、実際には月令では確定診断が困難な場合も多く、もう少し経過をみる必要があるでしょう。
離乳食開始期にあたる月令5〜6ヶ月くらいになったら、医師の診断を受けるとよいでしょう。

赤ちゃんは自分では何の対策もとれませんので、お母さんがアトピーに関する正しい知識を身に付けて、対応してあげることが大切です。

⇒アレルゲン除去食品、アトピー対策用品のスーパーマーケット「もぐもぐ共和国」はこちら!




トップページでは、薬に頼らないアトピー改善法をご紹介しています。

【運営者】アトピーの治療を考える会  【連絡先】mplan1105☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)

 

サイトマップ