乳児アトピーの対応

乳児アトピーに悩まない


生後1〜2ヶ月頃赤ちゃんに湿疹がみられると、小児科を受診することが多いと思います。
最初は乳児性の湿疹と診断されて、非ステロイド系の軟膏が処方され、使用することになります。

これで症状が改善されればよいのですが、時には塗れば塗るほど湿疹がひどくなる場合も。
そうなると、これは大変と他院を受診しますが、今度はアトピーと診断され、ステロイド外用剤が処方されます。
おそらく今度はあっという間に湿疹はよくなるでしょうが、塗るのを止めるとまた湿疹が出ます。
また塗るとよくなるのですが、止めるとまた湿疹が出るの繰り返し。
だんだんステロイド剤をずーと使ってもよいのか不安になってきます。

そこで、また他院を受診します。
「アトピーはアレルギー」(?)というもっともらしい説明をうけ、アレルギーの血液検査をされて、その結果アレルギーの薬を処方され、卵はダメ、母乳は中止し、ミルクはアレルギー用ミルクへ変更され、だからといってステロイドを止めるわけにもいかず、湿疹は一進一退を繰り返します。

子育て雑誌やインターネットには、百花繚乱のごとくアトピーの話題が満載されています。
そんな環境で、何が正しいのか、どこの病院へ行ったらよいのか・・・これでは悩むなという方が無理というもの。

基本的には、乳児のアトピーは成人のアトピーのように難治性ということは少なく、ほとんどの場合免疫のバランスがよくなる1才半〜2才頃に軽快〜治癒するので、大袈裟に悩まないでください。
自然治癒までは、湿疹の消長を繰り返しますが、かといって特別な治療法はない、と考えましょう。

まずはスキンケア薬物療法衣・食・住の環境整備が基本治療です。
ただし、何でもやればよいというわけではなく、逆に何もしなくてもよいということでもありません。
大切なのは正しい知識に基づいて、お子さんにあった治療や対策を施してあげる、ということ。

赤ちゃんが少しでも苦しまないように、また将来のアレルギー対策のためにも、まずはお母さんが正しい知識を身に付けて、的確な判断をしてあげてください。

アトピー治療を考える上で大事なことは、結果を求めすぎないこと。
ある程度かゆみがおさまり、日常生活に支障がなければ、多少の赤みや、かさつきは、あまり気にしないようにしましょう。

ただし学童〜思春期〜成人のアトピーは、長期間治療が必要なこともあり、乳児のアトピー性皮膚炎と少し別な見方をした方がよいことは知っておいてください。


⇒アトピー、アレルギー対策SHOPのもぐもぐ共和国はこちら!








トップページでは、薬に頼らないアトピー改善法をご紹介しています。

【運営者】アトピーの治療を考える会  【連絡先】mplan1105☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)

 

サイトマップ