アトピー 怖い

アトピーは怖い病気ですか?

乳児がアトピー性皮膚炎になると、ほとんどの人が、「治らないかもしれない・・・」と怯え、「アトピーが悪化するのは食べ物のせい・・・」と悩みます。
けれども乳児アトピーは、決して怖い病気ではありません。

通常は2歳くらいまでにかなりの確率で完治するのが乳児アトピーです。
ところが、最近では大人になっても治らない成人型アトピーの人が増えているのも事実です。
アトピーが怖がられる一番の原因は、そこにあるのかもしれません。

ということは、アトピーが大人になっても治らない、ことの原因が分かれば、対策が取れるので怖がる必要はないはずです。

成人型アトピーは、「ステロイド依存性皮膚症を合併したアトピー性皮膚炎」です。
すなわち、ステロイドの副作用を伴うアトピー性皮膚炎だということ。

つまり、ステロイドを使わなければ、成人型アトピーにはなりません。
また、免疫抑制剤のプロトピックも、アトピーを治りにくくしている薬の一つだということも、言い添えておきます。

間違っても、お子さんを薬漬けにしてしまって、大人になってから苦しむようなことだけは、絶対にしないでください。

乳児アトピーは、お母さんがアトピーに関する正しい知識を身に付けて適切な判断をしてあげることで、決して怖がる必要はないのです。



トップページでは、薬に頼らないアトピー改善法をご紹介しています。

【運営者】アトピーの治療を考える会  【連絡先】mplan1105☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)

 

サイトマップ