アトピーとアレルギーの違い

アトピーとアレルギー

アトピーには「普通じゃない」「不思議な」というような意味があります。
アトピー体質とは、一言で言えば、普通の人では何でもないような刺激に対して、敏感であったり、いろいろな変わった反応が起こる体質といえます。
例えば、化繊の下着を着たとたんにかゆくなったりするような過敏肌であったり、タバコの煙や冷たい空気に触れただけで喘息発作がおきるようなケースがあります。 

これに対しアレルギーとは、食物、ダニ、花粉など特定のものに対して、免疫が過剰に働き、いろいろな体内反応が引き起こされることを言います。
両者を比較しますと、アレルギーは免疫の異常反応ですが、アトピーは免疫の異常だけでは説明のできない反応も含んでいるといえます。

アトピーは、アレルギーとアレルギー以外の反応の両者を合わせ持っていると思えばよいでしょう。
そういった意味で、アトピー性皮膚炎と食物アレルギーは、関係が深いものの、それぞれ別の疾患と考えた方がよいと思います。

乳児アトピーでは、食物の関与が重視される傾向がありますが、食物アレルギーがアトピー性皮膚炎の直接原因かどうかは、今のところよくわかっていません。
むしろ、アトピー性皮膚炎と食物アレルギーとは別の疾患と考える意見の方が大勢を占めています。

ただし、アトピー性皮膚炎の人が食物アレルギーを合併することは珍しくなく、食物アレルギーによってアトピー性皮膚炎が増悪することはよく見られます。
その場合専門的には、「食物アレルギーの関与するアトピー性皮膚炎」という表現をします。

実際にはアトピーだけの人、食物アレルギーだけの人、アトピーと食物アレルギーの両方を持つ人がいると考えるとよいでしょう。

よく血液検査を行うと、卵が陽性とか、ミルクが陽性とか言われますが、これはアトピーの検査ではなく、食物アレルギーの検査です。

ある食物に対する抗体(特異的IgE抗体)が、陽性だった場合、その食物に対してアレルギーを起こす可能性がありますが、食物の種類、検査値の程度、年令などによってその判断は変わります。
検査値が高値であったり、実際に特定の食物で湿疹が悪化するような場合は、かなり信頼性があると言えるでしょう。

さらに、重要なことは、IgE抗体が陽性ということは、抗体を作りやすい体質、つまりアレルギーを起こしやすい体質を持っているということです。

このことは重要なポイントで、仮に今はアレルゲンとして検出されなくても、将来、ダニやハウスダスト、花粉などの抗体を作りやすい体質だということです。
ですから食物抗原に対する抗体が陽性なら将来を考えて、食事に気をつけることはもちろんですが、住居のダニ・カビ・ほこり等やタバコの煙、車の排ガス等の大気汚染にも気を配っていく必要があるでしょう。

そのためには、アトピーに関する正しい知識を身に付けて、対応していくことが大切です。


トップページでは、薬に頼らないアトピー改善法をご紹介しています。

【運営者】アトピーの治療を考える会  【連絡先】mplan1105☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)

 

サイトマップ